高血圧とダイエットの関係

 現在の我が国では、高血圧の人が大変多いと言います。『高血圧』血圧が高いことを言います。日本人は、血圧が高い人が多いも言われています。(汗)。血圧が高いと一口に言っても、何と比べて高いと言うのでしょう!?。

人間の血圧は、正常な範囲と言うものがあります。その正常な範囲を超える数値になった場合、高血圧ということになります。正常な範囲に満たない数値の場合では、逆に低血圧ということになります。正常な範囲と言うのは、血圧によりなんらかの危険が人体に及ばないと言うことです。

血圧は、高すぎても低すぎても人体に影響を与えてしまいます。(汗)しかし、血圧と言うのは日々、変化するものです。また、一日の中でもかなりの変動があると言えます。異常なことではありません。運動したりだとか、緊張したりすることがないにもかかわらず、血圧が高い状態が続きます。こうなると高血圧と言うことになりますね。血圧は、そもそも、血液が動脈の中を流れる時に、血管壁を押す圧力のことを言います。そして、高血圧だと思われる人は、ただちに病院へ行くようにしましょう。

ダイエットで高い人気を誇る有酸素運動ですが、一番効果のあると考えられている心拍数を知ることで自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪の燃焼を高めることが出来るのです。

長時間続けて体を動かせば動かすほど痩せられるのではなく、激しすぎる運動だと、筋肉に酸素が行き渡らなくなり、逆効果とも言えるのです。

ダイエットとずっと継続していると、カロリーを計らなくても、摂取カロリーの大まかな数値が計れるようになります。

主食と主菜、副菜をこのくらい摂取したので、今日のお昼の摂取カロリーはこのくらいといった具合に計算できるのです。

私にもデブだった時があるので、しょうがないのですが、少しおセンチな気分になります。

呼吸に気を遣を遣って、お腹から行うだけでも、人はスマートになるそうです。

体をキュッとさせるストレッチとしては大きく呼吸しながら肩甲骨を動かすことが成果があると聞きました。

肩こりにも有効なのですが、両腕を上にピンと伸ばしながら息を吸って、腕は空に向けたまま、肘を曲げて体の後ろに下ろしていきます。

息を吐きながら肩甲骨を縮ませる感じでやってみてください。

食事制限をしたくないし、時間が無くて運動もできません。

困っていた時、いい物との出会いがあったのです。

それは痩せると言われているお茶です。

食事制限するダイエットは肌にも髪にも良くないので、最低限度の、必要なカロリーを補給しながら、痩せるお茶を飲んで、リバウンドなしでダイエットできました!ダイエット食と言われたときのイメージは脂肪分や糖分が比較的少ないものが連想されやすいですが、私の経験からすると、塩分をできるだけ抑えた食事がとても効果があったように思います。

特に下半身が気になっている人は、まずは減塩対策をはじめられることをアドバイスとします。

自分が生きていくための必要エネルギーの数値を知ることは必須ですよね。

なぜなら、自分の基礎代謝量がわかっていない状態で、自分に必要な摂取カロリーの量を知ることはできないためです。

例えば、若い頃のようにダイエットに無茶をするのが体力的にやばくなった分、常日頃から静かに数値を見つめていたいと思う日々です。

ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の境目というか、境目がわかりません。

普通、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが違いのようです。

でも、発汗の仕方は温度によっても変わりますよね。

もっとちゃんとした境界線などがあるとダイエットしたいと思います。

ひと口にダイエットといっても方法は様々ですが、基本となるのは運動と食事だと思います。

食事制限と運動を同時に行うとまた一段と効果的となるので、何かしらのトレーニングを毎日行えば効果が出るかもしれませんね。

ジムを使うのも良いですし、もしそれがムリだという人は自分でトレーニングやジョギングをやるように心がけていきましょう。

基礎代謝を上げるのは痩せ効果もあります。

普段汗があまり出ないという方は、体の中に老廃物などが溜まりやすいのです。

老廃物が蓄積されていくと基礎代謝が下がってしまうので、汗があまり出ない人は太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝を良くする事によって汗をかきやすい体へと変化させることが大切です。

実際、有酸素運動は、せめて20分は運動しないと大して、効き目がないといわれてきましたが、今は何度かにわけても20分を超える時間を運動していれば体にとっては意味があるといわれています。

その他、筋力トレーニングの類のほとんどは有酸素運動とは反する運動ですが、酸素を使う運動、息を詰める運動を交互に行うことでそれぞれの効果を引き出すことが行えます。

年を取るにつれて、体を動かすこと自体が減り、基礎代謝がどんどん低下していく気がします。

そのせいか、時間をかけてダイエットをしても、思う通りに体重が減りません。

やはり、体質を改善しないとダメですね。

まず始めに、体を温かくするために、生姜湯から、取り掛かりたいと思います。

寒い冬にはもってこいの飲料ですし、これがあれば代謝アップ間違いなしでしょう。

実際、もっとスリムになろうと思っても毎回ジョギングしたり徒歩したりするのは正直ちょっとやりたくない気持ちがわきませんか。

そこでお伝えしたいのが室内での呼吸をしながらの軽い運動です。

ラジオ体操も、効き目のある有酸素運動なので、軽い感じの服装で少し過激に体を動かし体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。

体重を減らそうと思っても続かないという場合は、ダイエットがうまくいった方の体験談を聞いてみるのが良いでしょう。

ネットの書き込みや噂などは信用できないと思うので、できることならば友だちや家族などの体験談を直接聞くことを推奨します。

成功体験を知ることでモチベーションを上げることができます。

ダイエットに効果的なスポーツといえば、エクササイズです。

ダイエットを貫徹させるためには、カロリー消費が大切なので、消費した熱量が多いジョギングやエアロビクスやサイクリングのような運動がいいと思います。

又、身体をシェイプアップして強弱のあるボディラインを作るためには筋肉トレーニングもおすすめです。

ダイエットする事を決めたその時が、一番意気込みに満ち溢れているタイミングでしょう。

体重を減らすのを成功させる為には、その痩せるぞという気構えをいつまでも持続させることが重要だと思います。

特に当初に必死に頑張り過ぎるとすぐに、気持ちが折れやすくなってしまうので、ゆったりとはじめましょう。

関連ページ